BLOG

2019年10月25日 (金) 00:35:09 | 新着情報, 未分類, 院長ブログ

痛みって

今年は各地で台風の被害が多い年ですね。

被害にあわれた方達の事を思うと、この位の痛みなんてと思うものの

実際は常に痛みがある場合はやはり辛いものです。

痛みには色々な種類がありますね。

ずきずきする痛み、しくしくする痛み、うねる様な痛み、重圧的な痛み、がーとする痛み、ずさっとする痛み、ぎゅーとなる痛み、

と痛みを音で表しただけで、こんなにも沢山の種類があり、また、部位に分けたら多大な種類になります。

それだけ、世の中の人は痛みで苦しみ悩んでいるのです。

どんな
症状も原因があります。

また
あった治療をしないと良くはなりません。

ただ
裂傷や軽い打撲の様なものは、その場での処置が良ければ、日にちが経てば治るものですね

痛みのある部位の原因が仕事によるもので、また、仕事を続けていく場合は、その痛みをとるのは、とても難しく、軽減程度になることが多いですね

ところが
もし、原因となる仕事から遠ざかると、直ぐではないですが、半年、一年と人により、また、症状の状態にもよりますが、本当に良くなっていきます。

私は何度も経験があるので、負担をかけた人の体は良くなりには、時間はかかりますが、体に良いようにしてあげると、体は元の状態にしようと確実に働くのです。

その度に人間って、素晴らしいと思います。

ですので
どんな強い痛みでもいつか痛みの度合いは変わると思って心を癒して下さいね。