BLOG

2016年7月25日 (月) 20:03:12 | 新着情報, 未分類, 院長ブログ

身体は正直ですね

身体は正直ですね。

今日、来院した方は以前は月に2回来院していたのですが、ここ数か月は調子が良いということで月に1度になり、その方が先月みえた時に体を診てみると首から肩、上部の背中が鉄板の様に硬くなってガチガチの状態だったので出来れば以前の様に隔週で来られれば負担も大分違うことを伝えました。

そんな中、先週みえて来月の予約を取り帰ったその患者さんから腰痛が強く足にも痛みが出ていると電話が入り診てみると、やはり、肩や背中の負担が強く心配していた症状が出ていました。

何時も患者さん達にお話をしているのですが、自覚症状と実際の症状には大きなずれがあり、自分の感覚で今日は体の調子が良いと思っていても、私がその方達の状態を診てみるとこれは何時腰や足、或いは腕や指に症状が現れてもおかしくない方々が沢山います。

たまに本人が言われる様に本当に状態が何時もより良い場合もありますが、人は毎日自分で体に負担をかけているので、普段の無意識にとる姿勢だけでも体に歪みを生じる上に普段と違う負担を長い時間かけていると筋肉はどんどん硬縮していき、ある時に症状が出てきます。

本人にしてみたら急に症状が出た様に思う症状でも実際は前から徐々に変化していたものがある時に限界を超えて出した症状だったのです。

皆さんに知っていて頂きたいのは私たち人間は常に体に負担をかけて過ごし、その姿勢が固定しながら行うことで筋肉の硬縮や歪みを生み、そして、それらが色々の症状を作り出しているということです。

即ち、色々な自分におこる症状は全て自分が作り出しているということで、本当に体は正直ですね。

そう言う私も毎日仕事やプライベート作業から、例外なく歪むので仕事の合間や朝起きた時も歪みを戻す修正体操や触れる範囲の変位した椎骨を戻したりして毎日なんとか無事に仕事も出来過ごしています。

皆さんも簡単な修正体操でその日に作った歪みを少しでもとれば体の負担は大分違うと思いますよ。例えば、下がっている方の肩の腕を指先を伸ばして天井に引っ張られている様にすると肩の位置も大分戻りますので是非一度試して下さいね。