BLOG

2019年4月25日 (木) 02:07:37 | 新着情報, 未分類, 院長ブログ

流れが良くなる

今月で平成も終わりを告げますね。

皆さんの平成はどんな時代でしたか

今月は流れが良くなるという題ですが、

何の流れかと申しますと体の全ての流れです。

施術をした患者さん達は、施術が終わるとトイレに行く方が多く、

或いは、体が温かくなったと言う方も多くいます。

即ち、施術すると、神経の通いが良くなり、血行も良くなるので、

体に備わっている全ての官の流れが良くなるのだと思います。

その為
首や上胸背部の周りの筋肉に弾力が出て、椎骨から出ている神経の働きが良くなると同時に血行も良くなるので、自然と物理的な原因で起こっている頭痛や肩凝りであれば良くなります。

また
こんな患者さんもいました。
施術が終わると必ず鼻をかみ、家だと鼻が詰まったので、かもうとしても出なかったり、出たとしても、白い鼻汁しかでないのが、ここだと、必ず施術が終わった後に鼻をかむと黄色や青色のが出ると言われるので、

副鼻腔炎ですかと尋ねると、今、耳鼻科で副鼻腔炎の治療をずっとしていますと言われました。

そこで、その患者さんには、施術をすると全ての流れが良くなるので、出ずらかった膿も出てきたんですね。良かったですねと、その度に患者さんと喜んでいます。

この様に患者さん達が施術の副効果を教えてくれます。

やはり
人間の体は椎骨の歪みを正し、偏ったり固くなった筋肉に柔軟性と弾力を戻し、神経の働きを良くすれば、自ずと体は本来の機能が働き、自分で自分の体を元の体に戻そうとして、良くなるのだとつくづく思います。

ですので、どんなに辛い重い症状でも諦めずに希望を持って良くしたいと思いながら治療していく事が大事だと思います。

月日や時には、年月がかかるかも知れませんが、確実に今よりずっと良くなるはずです。